fc2ブログ

ことほぎの光(神ながら意識)~よもやまブログ~

矢加部幸彦の日々気づいたことや、お知らせを載せてゆきます。
巫女講座(その3)~巫女まじないと 祭礼・祭式作法編~
8月20日(土)、自由が丘アンジェリさんにて、
「巫女講座(その3)~巫女まじないと 祭礼・祭式作法編~」

を開催いたします。。
(巫女講座その1、その2を受講されていない方
 も受講できます。。)





「巫女講座
 ~巫女まじないと
    祭礼・祭式作法編~」

この講座では、巫女として必要な、
古代の神法であるまじない法を伝授する
とともに、
神霊に対して礼を失しないために、
礼法の根源でもある、神事作法の基礎
を学び、神々の息吹と響きあい感応
するための所作を身につけていきます。
また、
特に、この時期は、法事やイベントなど、
出かけることも多く、多くの人とも会う
機会が多くなります。。
気枯れや邪気(自分には必要のないエネルギー)
を知らず知らずに受けることも多くなり
ますが、
そのような時にも、簡単にリセットし、天晴れる
ための浄めの方法(禁厭)などもお伝えし、
また、簡単に出来る、「お祓いグッズ」の
作り方もお教えいたします。。

<主な内容>
・人形の謹製 使い方
  古来、神道では、「紙は神に通ずる」といわれて
  きました。
  平安の頃になると、紙人型で身代祓い(みがわりはらい)
  をするようになり、宮廷神事では大切なものと
  なってきました。。
  
  この 人形(型)を ゜型代祓い゜ といいますが。
  今回、このワークでは、人形の謹製の仕方を
  お伝えし、各自で人形を作っていただきます。。
  
  そして、その活用の方法をお伝えします。。
     邪気を吸い取る方法
     痛む箇所 病気の箇所などへの用い方
     古物の浄め方
     お葬式帰りの浄め
     重病人お見舞い後のお浄め
     想念の浄め
                         等々
     人形を用いるときの心得

・祓い具の作り方
    紙垂(しで)の切り方
    簡易版祓い串の作り方

・その他、日常で活用できる、禁厭の方法
    魔を祓う方法
    痛みを止める方法
               等

・祭礼・祭式作法
  礼を失することは、霊を失することになり、
  また、誠(真)があれば、それは外に形
  として現れるものです。
  ここでは、神拝作法の基礎とその身体的
  霊学的意義を学び、祭礼祭式の所作の基本
  を身につけていきます。
    神社参拝の作法
    神拝作法の玄義
    敬礼作法
    座法 
    進退作法
           等々

●日時 平成23年8月20日(土)
    12時~15時
●受講料 1万3千円
   *持ち物 筆記用具
        はさみ、小刀(又はカッター) 
         (出来れば、安価なものでもいいので、新しいもの。
          当日用意が難しければ、既に使っているものでも構い
          ません。   

●場所:東京23区内を予定しています。。
     お申し込み、お問い合わせの方に
     詳細をお知らせさせていただきます。。

*お気軽にお問い合わせ下さい。。










<お問い合わせ>
矢加部オフィス
TEL 075-585-3101
090-2918-7778
E-mail: yakabe195@hotmail.com
        
ホームページアドレス:http://yakabe.web.infoseek.co.jp




Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Powered by Team Hakuchu.