fc2ブログ

ことほぎの光(神ながら意識)~よもやまブログ~

矢加部幸彦の日々気づいたことや、お知らせを載せてゆきます。
神楽の歌舞い




昨日は、東京では初めての「音と瞑想の会~OTOHOGI(音祝ぎ)~」。
たくさんのサポートをいただき、無事に祝福とともに終えること
ができました。

参加していただいた方、サポートをしていただいた方、心より感謝
申し上げます。
ありがとうございました。


龍と神々の宴、
神人和楽の世界でした。

神楽笛,龍笛,石笛の息吹は参加していただいた方々の魂を
揺さぶり、それぞれが、懐かしい魂の記憶を呼び起こしたよう
です。

お互いが初めての出会いとは思えず、不思議な感覚のまま
エネルギーは渦を起こすように上昇していきます。

光の記憶です。
太古の祈りの蘇りです。

音霊と舞い、そして太鼓の音は、天地根元からの万物の生成を
寿ぐかのように、私たちに祝福の光を届けてくれます。

天来の音
八重の音
弥栄の音・・・・・

龍がそれぞれの方に、何かを渡してくれたようです。

最後の瞑想を終えたとき、私たちは光に満たされていました。

根元への回帰、
そして源(みなもと)への純粋な祈りと喜び・・・

神送りの神楽笛の音とともに、全てに感謝を捧げました。

初めての東京での「音のワーク」、
久遠の時を超えて集いし者たちの、まるで約束でもあったかの
ような、神楽の歌舞いだったのかも知れません。



アズマの国に日が立ちて
天地(アメツチ)祝う
音祝ぎの
スメラの契り
ここに降ろさん



(次回の「音祝ぎ(OTOHOGI)~音と瞑想の会」日程が決まりました。
    6月4日(日)13時00分~15時00分
    参加費:3000円
    場 所:葛西区民館2階 健康スタジオ
                 詳しくはお問い合わせ下さい。)



Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんわ
楽しそうですね。音のワーク。
和楽器には独特の音の力があると思います。

楽しんできてください。
2006/04/24(月) 03:33:21 | URL | マリア #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/24(月) 05:03:05 | | #[ 編集]
マリアさま
こちらに来ていただいてありがとう
ございます。
和楽器、特にこの日本の波動と共鳴
しやすいでしょうから、そこにいる
私たちの魂も揺さぶられます。

また次回も楽しみです。
2006/04/24(月) 09:25:50 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
これは!
是非参加してみたいです!
仕事とにらめっこですけど^^
2006/04/24(月) 14:14:43 | URL | でかまる #-[ 編集]
ご縁
でかまる様
ありがとうございます!
ご都合がつくようてしたら是非!

もしご縁がしりましたら、お会い
できるのを楽しみにしています。
2006/04/24(月) 15:22:43 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
*^∇^)ノ コンバンワ
外部ブログなんですd(゚∇゚*)ネッ!!
___φ(゚ー゚*)フムフム___φ(。_。*)カキカキ

神楽、どれほどすてきな音色なんでしょうね
ぇ^-^

癒されるんでしょうd(゚∇゚*)ネッ!!

2006/04/24(月) 20:52:23 | URL | 香織姫 #TfAYej.g[ 編集]
不思議
香織姫さま
外部ブログで申し訳ありません。
でも、こうしてコメントを書いていただいて
ありがとうございます。

龍笛、神楽笛、石笛、それに音霊,言霊、
思考や理屈を越えて、ダイレクトに魂に
響くようです。

それぞれの方が、それぞれに必要な体験を
されるので、音のワークは私としても
不思議です。

私はただ、感じたまま、音を表現させて
いただいているだけなのですが。

神が音ずれるのでしょうね。
まさに神も人も和楽の世界を言祝ぐ(音祝ぐ)
という感じでしょうか。
2006/04/24(月) 21:58:33 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
ミクシィーから足跡たどって来ました。
私はまだまだ篠笛を習い始めたばかりなので
曲まではいってませんが、龍笛は憧れです。
今は本当に音を出すので精一杯ですがいつか
さらりと奏でられる様になりたいです。
ありがとうございます。
2006/04/24(月) 22:43:37 | URL | ゆき #-[ 編集]
ゆき 様

来ていただいて、ありがとうございます。
笛は、曲ももちろん吹けるのですが、
ワークでは、自由に感じたまま奏でる
ようにしています。
曲にこだわらず、自由に吹いてみるのも
楽しいと思いますよ。

音が鳴る(成る)ようになるまで、少し
辛抱ですが、吹き続けていくと、笛が
それに応えてくれるようになります。
無理やり音を出そうとせずに、こちらが
笛に合わせるということでしょうか。

2006/04/25(火) 08:06:57 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
東京での初の「音と瞑想の会」の様子が、目に浮かぶようでした。
ありがとうございました。

私は今すこし疲れていますが、
読んでいるだけで癒されていくようでした。

先生、僭越ですが、おことばが柔らかくなられたように感じます。
心にすっとはいってきます。光を感じます。

ありがとうございました。
2006/04/25(火) 22:32:57 | URL | emy #-[ 編集]
いつも、いかなるときも、愛を感じずにはいられません・・。

 本当にありがとうございます。


 私達は、6月の9日から二泊三日で、伊勢神宮にワークでお参りに行ってまいります^^:.


 この世の全てがあるようで・・・。無いもの・・・。

 でも、人の想いだけは御魂だけは、かわらないんですものね・・・。

 いつかお聴きしたいです^^:。早く私の夢が実現いたしますように・・・。


2006/04/25(火) 23:27:12 | URL | 蓮花 #-[ 編集]
emyさま

お仕事、お疲れさまでした。
無事に終わられ、何よりでした。

言葉が柔らかくなりましたか?
私としては、何も変わっていないつもり
ですが。
でも、こうして読んでいただいて、ありが
とうございます。
2006/04/26(水) 00:19:36 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
蓮花 さま

こちらこそ、いつもありがとうございます。

伊勢神宮でのワーク、きっとまた光に満たされた、感謝に溢れた体験となることと思います。
そしてまた、さらなる覚悟と勇気も。

蓮花さまや皆さまに、音を届けさせていただく
ご縁があることを、私も願っております。
2006/04/26(水) 00:26:22 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
記憶
宮崎の鵜戸神宮へ行った時に何の笛だったかは判りませんが、
とても心地良い笛の音で心が安らいだのを記憶しています。
その笛を吹いていた方は不思議な楽譜を読まれていました。
海の波の音と笛の音が素敵にマッチしていました。
また行きたい所です。
2006/04/26(水) 04:22:10 | URL | かおり #-[ 編集]
鵜戸神宮
かおり様

はじめまして。いつもコメント拝見しています。
鵜戸神宮とあったので、ついコメントしています。

いい~ところです。
海の青と神社の赤のコントラスト。
波の音、奇岩。
あんな神秘的なところで笛の音を聞かれたのですね。
皆様にも是非訪れてほしい神社のひとつです。

先生、こちらをお借りしてありがとうございました。
2006/04/26(水) 09:12:14 | URL | emy #-[ 編集]
かおり 様

鵜戸神宮も良いところらしいですね。
私はまだ導かれていませんが、ここも
是非おとずれてみたいところです。

笛の楽譜、西洋音楽のそれと全く違い、
不思議な譜に見えるかも知れませんね。

笛の音は、日本という場が奏でる音と、
自然に共振するのでしょうね。
2006/04/26(水) 09:19:00 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
記憶
emy さま

青岸渡寺と熊野那智大社も素敵でした。
階段を上って行った所に熊野那智大社があるのですが、
那智大滝を眺めながらのその景色の素晴らしさや
その場の気の神聖さに自分の心が洗われるかの様でした。
私は気などを感じる力などは無いですが時々、
訪れる神社で予想もなく、
驚くほどすがすがしい気分にさせてくれる神社があります。
機会があれば、是非訪れてみてください。
2006/04/26(水) 22:25:07 | URL | かおり #-[ 編集]
熊野那智大社
かおり様

那智といえば、滝で有名な南紀の那智勝浦。
なぜだか昔から南紀に惹かれているのですが、
いまだ夢?は実現していません。
近い将来是非行きます!
ところで青岸渡寺とはどこでしょう?
(読み方もよくわかりません(笑))

仕事柄、神社にはよく行きます。
「驚くほどすがすがしい気分にさせてくれる神社」
というの、わかる気がします。
霧島神社もそのような神社のひとつではないでしょうか。
(私は九州の人間なのです)
霧島は神々の地。聖なる森に囲まれた神社です。
ちなみにお湯もとってもいいですよ!

コメント頂き、ありがとうございました♪
2006/04/26(水) 22:59:18 | URL | emy #-[ 編集]
記憶
矢加部 さま

emy さまに
この場をお借りしまして、お返事させていただきました。
ありがとうございます。

なるほど。笛の楽譜だったのですね。
そういう楽譜があるのも知りませんでした。
実は笛を吹いていらっしゃる方の近くへ行けなかったので
楽譜の譜面が違うのはビデオカメラでズームして発見したのです。

昨日桜茶を利用して、桜ご飯を友人宅で頂きました。
日本の心をいつまでも忘れず、
自然と共存して行けたらと思う今日このごろです。
2006/04/26(水) 23:13:50 | URL | かおり #-[ 編集]
大和心
かおり様

ありがとうございます。
大和心、大切にしていきたいと思います。
2006/04/26(水) 23:22:25 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
記憶
emy さま

そうですか。私も九州(熊本)の出身です。
霧島神社ですか、森の中、、。

お仕事柄、神社へ行かれるとは
私にとってはとても羨ましいことです。
2006/04/26(水) 23:28:21 | URL | かおり #-[ 編集]
大和心
かおり様

>日本の心をいつまでも忘れず、
>自然と共存して行けたらと思う今日このご>ろです。

私も全く同感です。
日本の心をお伝えするのが私の仕事です。

そうですか。熊本にお住まいでしたか。
いつかお会いできる日を心待ちにしています。

先生、またこちらをお借りして、素晴らしい出会いがありましたこと、
感謝申し上げます。
2006/04/27(木) 02:05:42 | URL | emy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Powered by Team Hakuchu.