fc2ブログ

ことほぎの光(神ながら意識)~よもやまブログ~

矢加部幸彦の日々気づいたことや、お知らせを載せてゆきます。
新春古神道茶話会~今さら聞けない日本の神秘☆日本の古来の叡智を学ぶ
ご神事(沖縄ツアー五日目(伊良部帯岩奥でご奉納))






新春早々に、東京の自由が丘のアンジェリ
さんにて、

「古神道茶話会~~今さら聞けない日本の神秘☆日本の古来の叡智を学ぶ」

を開催させていただきます。。


以下は、主催者、アンジェリさんの告知文です。。




~今さら聞けない日本の神秘☆日本の古来の叡智を学ぶ~
☆古神道茶話会~矢加部カフェ


知ってるようで知られていない日本の神様、神社、天皇、大麻。
それらのベースに実は古神道があるのは御存じでしょうか?

アセンション時代に生まれた日本国&日本人としての魂の役割とは?!

2013年からいよいよ始まる世界のひな型・日本の大和魂の
岩戸開きの秘密。。

今や対外的にも危機的状況にある日本。そんな今だからこそ、
もう一度、日本に生まれた意味、そして日本人としての誇りに
目覚めるときです。

そこで、難しく思われがちな「古神道」について、
その叡智を分かりやすく、楽しく、伝えさせていただく
新春☆古神道茶話会をアンジェリにて開催!


「古神道」とは、大自然や宇宙に秘められている神秘や、
法則性をベースに生まれた日本ならではでの古来の叡智。

誰でも気軽に参加できる茶話会(矢加部カフェ)スタイルで、
分かりやすく笑いを交えたお話に、お茶とお菓子とともに
和やかなひとときを楽しみましょう。

また、今さら聞けない、神社の参拝、作法、神棚のお供えの仕方、
その他、簡単な古神道行法の体験や、謎のベールに包まれた天皇家や、

封印されてきた日本古来の大麻についてなど、他では聞けない
日本の真髄について聞けるチャンス!


この“日の本”日本の、美しき心をもう一度思い出して
みませんか?

今こそ日本人としての誇りを取り戻し、日本を愛し、
大いなる和の心で歩んでまいりましょう。

【 ゲスト講師プロフィール 】
<矢加部 幸彦 古神道修道士 神道音楽家 セラピスト/HP:http://kamuhogi.com/
平成7年にセラピストとして独立。古神道の師とご神縁をたまわり、
神武一道を修行研鑽。陰陽道、運命学の実践研究家でもあり、現在は豊富な経験と
あわせて独自のメソッドを確立。古神道ワークショップや言霊修道士養成講座などを通して、
古の叡智を伝えさせていただきながら、さらなる弥栄への、ことほぎを。
(平安楽舎の楽人でもあり、龍笛と神樂笛を嗜む。)最近は様々なアーティストとのコラボレーションや、
各地神社での奉納演奏など神道音楽家としても活動。
24年7月には、日本・アルメニア外交関係樹立20周年記念事業に、神道音楽家として招かれ、
アルメニアの国立ロシアン美術館やアララト山(アルメニアより)にてご奉納演奏を。。




     ■日   時:1月20日(日)11時~13時
     ■場   所:東京都世田谷区奥沢2-37-9 高見ビル3階 アンジェリ内
     ■アクセス :東急東横線自由が丘徒歩3分
         http://www.salon-angeli.com/archives/5.html

     ■料   金:3000円(定員10名)


【 主 な 内 容】
◆ 神ながらの道とは ◆
       ・ 美しき大和心                  
       ・ 神社などでの神拝作法
         (神々(宇宙)と響き合うための神拝作法)
       ・ 日常での神様とのお付き合いの仕方
       ・神々の祝福を賜る方法
       ・天皇の存在意義
       ・日本古来の大麻
◆ 禊(心、身体、魂の浄化)の方法 ◆
   ・ 日常でも簡単に出来る場(部屋、住居等)の整え方               
       ・ 禊の方法 
       ・ ストレス(古いエネルギー)の解放(清明水の作り方 )
       ・ 心身のバランスを整える               
       ・ ボディワークによる調和、和合、神ながらの道の体験 

               

  <お申し込み方法>
 事前予約制となりますので、お名前、ご連絡先(当日連絡可能な番号)、
 メールアドレス、ご希望のWS名を、TEL(03-6421-3822)
 orメール(angeli@shine.nifty.jp)にてお申し込み下さい。


  主 催:アンジェリ 嶋 みずえ (www.school-angeli.com/








Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Powered by Team Hakuchu.