fc2ブログ

ことほぎの光(神ながら意識)~よもやまブログ~

矢加部幸彦の日々気づいたことや、お知らせを載せてゆきます。
焦り
ここのところ、とある政党の代表選挙の事とともに、
例の、にせメール事件のことがまた話題になっています。

よくよく冷静になってみれば、あんな失態を犯すことは
なかったろうに、よくよく吟味していれば、こんな結末
は向かえなかったろうにと、第三者からみるとそう思えて
仕方がありません。

彼は何を焦ったのでしょう。
彼は、何を得ようとしてたのでしょう。

彼の真意の程はもちろん分かりませんが、私たちが
何か功を得てやろうとするとき、他をやり込めて自分が
優位に立とうとするとき、私たち自身のバイブレーション
は下がってしまいます。
そしてそれは、緊張と凝縮です。

当然、それは自分の欲求を自分の都合で満たそうとする
エゴ(恐れ)のなせる業なのですが、エゴは常に何かと抗い、
戦っているのでいつも焦っています。
穏やかではもちろんありません。

焦っているので、見えてるものも見えなくなります。
見えているつもりでも、歪んだ形で見てしまいます。
自分の都合のいいように、自分の枠ぐみだけで見てしまいます。

そして、それに見合った結果を体験します。

逆に、私たちのバイブレーションが高いときは、物事の全体を
ゆとりをもって見渡す事ができ、流れている時間もとてもゆっくり
と感じられます。
そこには、対立概念は存在してはいないでしょう。
そしてそれは、拡がりと流れです。

そして、それに見合った結果を体験します。

もちろん、良い悪いはないのですが、今回のにせメール事件、
私たちに、何を選択すればいいのかを、とても分かりやすく
教えてくれているのかも知れません。





Comment
≪この記事へのコメント≫
この件に関しては
よく知らないのですが、
自分自身、エゴを持っていてそのエゴと
何時も話し合っています。
そしておっしゃる通り、焦りを感じる時もあります。
ゆっくり深呼吸をして、全体を把握出来るような
客観的な洞察力を身につけようとしても
そのエゴに縛られっぱなしで
自分を見失う時もあります。

そのエゴが続いてしまうと危険ですよね。

最近、私は少し息抜きが必要のようです。

今日のこの日にエゴの話を聞けて良かったです。

どうもありがとうございます。
2006/04/04(火) 05:35:54 | URL | かおり #-[ 編集]
自分のその時の波動に見合ったものが自分の周りに集まってくるっていうことでしょうか。
人も出来事もモノも食べ物も・・
要は自分の波動をなるべく落とさないでいつも高めるように努めていればいいのでしょうけれど、これってなかなか難しいことですね。
2006/04/04(火) 08:45:56 | URL | りりぃ #-[ 編集]
エゴ
かおり様

こちらにも来ていただいて、ありがとう
ございます。

エゴの正体は恐れなので、それを否定
しようとすると、それに否定という
エネルギーを与え、エゴを増幅させて
しまいます。
かおりさんがされてらっしゃるように、
そのエゴを認め、話を合ってみる方が
エゴは納得しますよね。

エゴは無くそうとしても無くならないかも
しれません。
むしろそれを、ああ、そこにいるんだね、
と認めてあげて(でも同意する必要はあり
ません)、どんな自分を体験したいのか、
その選択を問うていくことでしょうか。

気持ちゆったりしている時は、比較的この
エゴに翻弄されませんよね。

息抜き、ときには必要ですね。

2006/04/04(火) 10:09:49 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
選択
りりぃ 様

コメント、ありがとうございます!

そうですね。
その時の自分の体験している事が、自分の
その時のバイブレーションを表してくれて
います。
だから、自分の外側に何が起きているのか、
それに対する自分の反応はどうなのかに
気づくと、自分のバイブレーションの状態を
知ることができますよね。

気がついたら、どうありたいのかをやはり
自分に問い、後は選択ですよね。

常に常に、選択を問われます。
これからますます、そうかも知れません。
2006/04/04(火) 10:15:11 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
いつもココロにゆとりを持っていたいと思っていますが・・やはり簡単そうで簡単な事ではないですね。。。
2006/04/04(火) 18:28:19 | URL | aisa #-[ 編集]
囚われ
aisaさま

こちらに来ていただき、ありがとうございます!

本当ですね。
現象世界に囚われ、一喜一憂してしまいますね。

何かに囚われているとき、そのことに気づいて
いることでしょうか。

瞑想の時間を持つことは、とても大切なこと
かも知れませんね。
2006/04/05(水) 00:34:50 | URL | 矢加部 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Powered by Team Hakuchu.