ことほぎの光(神ながら意識)~よもやまブログ~

矢加部幸彦の日々気づいたことや、お知らせを載せてゆきます。
神意


昨日は、小戸妙見神社が神鎮まります、福岡の小戸妙見岬
で、夜明け前より御霊清めのご神事を執り行わせていただき
ました。

ご神縁より、このご神事が決まった日から既に準備が始まり、
私自身のエネルギーも調整が起こります。
今回のご神事は、覚悟と勇気も問われることを私は知っており、
この日に向けて潔斎をし、毎日のお行もさらに深め、この日に
臨みます。


福岡は、豪雨といっても過言ではないほどの激しい雨。

早朝よりのご神事のため、午前3時過ぎには妙見岬に向う
予定で、僅か数時間の仮眠。

午前1時ごろ一度目が覚め、外をうかがうと雨。
雨足は強く、このままでは中止。

ああ、自分の準備が整ってなかったのか・・・

半ば愕然としながら、しかし神意に委ねるしかなく、
再び横になりまどろむ。

2時過ぎに合わせてたアラームに起こされ、天候を確認。

雨は止んでいて、神意に従う覚悟を決め、水で禊をし仕度を。

タクシーで小戸に向う途中、激しい豪雨に。

やはり中止か・・・

小戸に着き、土砂降りの雨の中、まだ暗い妙見岬へ。

雨は止む気配はなく、ご神事の場所を急遽変更し、雨に濡れない
ご神殿の前で執り行うべく準備。

ご神事をはじめる予定の5時、あれだけ激しかった雨がぴたり
と止む。

速やかに、当初予定の場所に移動し、結界を張り、場を設営。
そして御霊清めのご神事を。

場と自分を整える印を組み、所作を繰り返し、祝詞奏上。

大祓えを奏上しはじめると、浜より強風が吹き、妙見岬を一掃
するように何度も旋回を繰り返す。

全ての祝詞、所作を終え、御霊清めのご神事を終了。


再び豪雨。
そして雷光、雷鳴・・・



・・・神意・・・・









Powered by Team Hakuchu.