ことほぎの光(神ながら意識)~よもやまブログ~

矢加部幸彦の日々気づいたことや、お知らせを載せてゆきます。
自在への道~神道は心道なり~


昨日は、古神道と合気道の修行でご縁をいただいている、
山蔭神道上福岡斎宮の年次大祭でした。

私は今年も、楽を奏でる伶人のお役を有り難くも賜わり、
神官入退場の際の、神迎えと神送りの神楽笛、そして
玉串奉奠での龍笛を奉じます。


どうか私が、神の通り道となることが
できますように・・・

どうか私が、意図なしに無心に音を放つ
ことができますように・・・


私は笛を神に捧げながら祈りました。

神への祈りは私への祈り。
私への祈りは神への祈り。

神道は心道。

私の心が澄み渡るとき、神が音(おと)ずれます。

祭式の流れを一瞥しながら、私は満を持して待ちます。
音が放たれるのを・・・

音がその時に合わせるように生まれます・・・

私は、ほとんど、
しかして私自信の思考を知りながら、
そしてそれをも一瞥しながら、
音とともにありました。


それでも私は、どれだけ自在だったのでしょう。

それでも私は、どれだけ関知せずにいることが
できたのでしょう。

それでも私は、どれだけそこに在ることができた
のでしょう。


うまずたゆまずの錬磨は、うまずたゆまず続きます・・・


神道は、心道なり。







Powered by Team Hakuchu.